ホットヨガのポーズが苦手だと感じる時どうしたら

リプティ ライザップ 無料カウセリングのページにようこそおいでくださいました。このページは、lava体験予約のご予定の方に、ホットヨガの魅力や注意点など、耳寄りな情報をお分かちするのが目的です。どうぞお楽しみください。

ホットヨガで行うポーズを取りやすいようにするためには、医学的な見地やあるいは生理学的な見地から観察し、そしてどのようにするならばポーズが効率よくとることができるかということを理解する必要があります。

ポーズを取る上でどんなことを悩みに持ってる人が多いでしょうか。ホットヨガに通ってる人の中には開脚についてのポーズが非常に苦手だと感じている人が多いようです。ホットヨガに通っていない人であったとしても開脚が非常に難しく感じる人もいるでしょう。では、どうすれば開脚を綺麗に行うということができるでしょうか。股関節の横の開きは外、というふうに入ります。この外見がなかなか上手くゆかないのは太腿の内側にある筋肉の塊である内転筋群と呼ばれるものです。足を左右に開脚することが苦手だという人も多いようですが、この内転筋ぐんと鼠径部が硬い人が非常に多いということができます。

では、どのようなストレッチを行うことによって左右の開脚がスムーズになることができるのでしょうか。その前に開脚した時の筋肉にはどのようなものが関係しているのでしょうか。膝の上側にある筋肉が内側広筋と呼ばれるものです。そして膝裏の上側の部分がハムストリングスと呼ばれる筋肉です。大体二頭筋とも呼ばれるものです。ホットヨガでは様々なポーズを行いますけども、これからお伝えするストレッチはどのようなポーズを取るときに助かるのでしょうか。例えば、 ウォーリア2と呼ばれるポーズその中にはヨガベーシックやヨガアドバンスまたパワーヨガ.肩こりっ改善ヨガといったものがあります。このようなポーズやまた三角のポーズ1、ヨガベーシック、パワーヨーガ、リンパ+ヨガ肩こり改善ヨガといったものがあります。さらにダウンロック骨盤調整ヨガ、パワーヨガといったポーズがありますけども、このようなポーズが苦手だという人にも役立つようなストレッチということができます。では、開脚をもっと快適にするためにどのようなストレッチを行うということができるでしょうか。まずインナーレック筋膜リスト呼ばれるストレッチを行うようにいたしましょう。これはどのように行うことができるのでしょうか。まず、左足の膝を曲げるようにいたしましょうそして右足は伸ばして座ります。左腕を使って左足のひざ下と膝上の内側を誘って行きます。1分間それを行うようにいたしましょう。反対側も同様に行うようにいたしましょう。このときのポイントですが、筋膜りリースは、圧着させながら行うのがポイントということができます。最初のうちは、優しく行うようにいたしましょう。そして徐々に強めてゆくということによって、深層部にある筋肉までアプローチしていくようにしましょう。次に行うことができるのは、チェアスライドストレッチというものです。これは椅子を使ったストレッチになります。椅子は浅めに座るようにいたしましょう。そして、椅子の前傾もしくは背もたれを持ち、腰を反らせるように内ももストレッチします。この状態で30秒くらいキープするのが良いと言われています。このストレッチを行うときのポイントですが、太腿の内側の部分が椅子に当たる部分が痛いと感じる場合はタオルを当てるのが良いでしょう。また腰が辛い人は無理をしないように行いましょう。無理は絶対に禁物ですので、徐々に行っていくのがとても良いということができます。

開脚姿勢が非常に苦手な人はこうしたストレッチを行うということによって楽に行うということができ瑠葉になるでしょう。開脚を綺麗に行うためには他にも様々なストレッチがあります。そのストレッチ方法についてはユーチューブでもたくさんアップされていますので参考にするということができるでしょう。このようなストレッチを行うというのは非常に重要なことです。この部分を柔らかくするということによって体の故障をできるだけ少なくするということができます。股関節が硬いと非常に危険だということができます。ぜひ股関節の部分を柔らかくするようにいたしましょう。

しかし、余りにも無理すると痛めてしまうことそれがあります。なので、慌てずに行うことがないようにいたしましょう。ゆっくりと行うようにいたしましょう。そして、痛みを感じたならばそれ以上を行うということがないようにしなければなりません。開脚を綺麗に行いたいという気持ちが焦りを生んで無理をしてしまうならば後で大きな代償を払ってしまうということもありえます。なので無理をしないというのがとても大事なことになります。しかしどうしても自分で行うことが難しいのであるならばほっといヨガのスタッフに指導を仰ぐということもできるかもしれません。正しい方法で行うということと無理をしないということがこの開脚を綺麗に行う上で非常に重要なことということができます。
無理なく行うということによって綺麗に開脚することができるように頑張ってみましょう。

 

サイトマップ