ホットヨガには足痩せにも繋がるのか

リプティ ライザップ 無料カウセリングのページにようこそおいでくださいました。このページは、lava体験予約のご予定の方に、ホットヨガの魅力や注意点など、耳寄りな情報をお分かちするのが目的です。どうぞお楽しみください。

ホットヨガをする人の中にも足の障害を持つ人もいるでしょう。それは外反母趾です。それについてです。


ヨガのポーズに影響を与えるからだの歪みについてですが、様々な身体の歪みはヨガのポーズにも影響を与えてしまいます。その一つは足ということができます。足に何らかの障害があるならば、それは、ヨガのポーズに影響を与えてしまうということになります。
足は体の土台ということができます。そのために重力の影響を受けやすいのは足です。この足は姿勢や骨盤のゆがみまた足のむくみといったそうした美容や健康にとても深い関連があるという部位ということができます。体を美しく健康に過ごすためには足は非常に重要ということができます。
ですから足の健康もしっかり考えるのはとても大切なことということができるでしょう。例えば足の歪みというとどのようなことを思い起こすことがあるでしょうか。

もしかすると外反母趾を思い起こすという人も非常に多いでしょう。外反母趾になってる女性は非常に多くいます。外反母趾はどのようなことが影響してなってしまうということがあるのでしょうか。よく言われてるのはつま先がとんがってるような靴を履くと外反母趾なってしまったという人は非常に多くいます。そしてヒールが高いものを履きますと、どうしてもつま先の方に重心が移ってしまいます。そして、そのつま先がせばまっているとどのようになるかというと当然、親指が他の4本の指の方に曲がって行きます。このように外反母趾というのは環境的な要因が一番多いというふうに言われています。ですから外反母趾をきちんと治すというのは重要ということができます。

では、外反母趾はどのようにして治すことができるのでしょうか。外反母趾は正しい方向から始まります。そのようにして足裏のバランスをきちんと取っておくということは非常に重要ということができるでしょう。実は多くの人がどのように歩いたら良いのかということについて疑問を感じているようです。ウォーキング教室という言葉を聞いたことがあるのでしょうか。ウォーキング吸湿っていうのは歩き方を教えるところです。それ程歩き方に迷ってる人が多いということができます。もし悪いある生き方をしてしまいますと、それは体に良くない影響を与えます慢性痛や自律神経失調症や下半身太り、あるいは身体の歪みという事が起きてきます。ですから、正しい歩き方を意識するということは、とても大事なことということができるでしょう。

もし足裏のバランスをきちんと整えるならば正しい歩き方が促されます。ではどのように正しい歩き方を行うということができるのでしょうか。もし歩き方をしていない方はぜひ実践してみるようにいたしましょう。
正しい歩き方ですが、まず足を前に放り出した時にどこから着地するのがいいのでしょうか。かかとから設置するようにいたしましょう。踵から足をつくというのが、非常に重要なポイントとなります。外反母趾の多くの人はかかとではなく、足裏全体でてたと接地するくせがあるようです。
ですから、それのことがないように注意しましょう。そして踵から親指の方に体重をスムーズに移動させるということも重要ということができます。そして、足指を意識しながら前方に体重を移すということにします。ではどのようにマッサージするということによって外反母趾を治していくことができるのでしょうか。

一つの効果的な方法は青竹踏みというふうに言われています。青竹を1分から1分半ほど毎日踏むようにします。この筋肉を緩めるならば足の角度の悪化を防ぐということができます。また足指回しも効果的な方法です。足の指をグルグルと時計回りましたり、反時計回りにましたりします。これも1分かる1分半ほど毎日行うのが大切だというふうに言われています。これに指を回しますと指の間の筋肉が緩めるようになります。そうすることによって改善が図られるでしょう。

スネを揉むということも重要なことです。これもやっぱり1分から1分半ほど行うようにします。肌と肌を直接触れるならば少々痛くなるかもしれませんので、ベビーパウダーやハンドソープなどを使うと良いかもしれません。気持ちが良いという感じる程度の強さで行うようにいたしましょう。そのようなマッサージをきちんと行うということによって外反母趾を治していくということができます。そうすることでホットヨガにも良い影響がありますのでぜひ実践してみてください。

さらに別のケアストレッチについてもご紹介します。筋膜マッサージというものがあります。やり方は壁や椅子などに安定するところに手を置いて立ちます。そして左足のふくらはぎから太腿の部分を右足の土踏まずを使って優しく擦って行きます。6回ほど行うと良いでしょう。そして反対側の方も行うようにします。もう一つのポーズですが壁に手をつけてみたり、あるいは誰かに支えてもらい、安定した状態で立ちます。左足を後ろ側に少し曲げて左手の指と左足の指を絡めて行きます。そして体の向きを正面に直安定した体の前傾させます。そして20秒ぐらいキープしましょう。こうしたことも外反母趾のストレッチとして効果的ということができます。

 

サイトマップ