ホットヨガとは免疫力アップに繋がるか?

リプティ ライザップ 無料カウセリングのページにようこそおいでくださいました。このページは、lava体験予約のご予定の方に、ホットヨガの魅力や注意点など、耳寄りな情報をお分かちするのが目的です。どうぞお楽しみください。

ホットヨガで、質の良い汗をかくということは免疫力のアップにもつながります。ホットヨガで汗腺トレーニングをし、質の良い汗をかくことができるようになりますと、それまで働いていなかった汗腺が活発になります。そうなると全身の汗腺から大量の汗が出るようになりますし。また、余分な水分や老廃物を排出するということができるようになります。体にとって不要なものが外に出てくるわけですので、これだけでも健康的なれるということができるでしょう。そして、その上汗と一緒に汗腺からはグロブリンへという免疫を高める物質が分泌されるというふうに考えられています。

グロブリンAという物質ですが、これは感染を通じて皮膚の表面に分泌されます。唾液や気管支や尿涙といったものにも多く含まれると言われています。そうしたものを通して細菌や微生物の侵入を防いでくれるてる働きをします。グロブリンAは皮膚の表面で細菌の侵入を防ぐという働きをします。そうすることで体に有害なものが侵入することがないように守ってくれるという働きをします。ですから汗の量が増えますとグロブリンへの増加となります。ホットヨガで汗腺の働きが活発いなるということは免疫力がアップするということにもなります。

自律神経のバランスを良くする。免疫力アップと自律神経は切っても切り離すことができないような関係にあるといえます。なぜなら、免疫の主な事柄と関係のある白血球の数や働きは自律神経の影響を受けるためです。自律神経は気圧と気温の変化に影響を受けます。つまり免疫力も季節によって変わるわけです。特に夏が終わり、冬に向けては大きく変化して行きます。秋は移行期とも言うことができるような季節です。そのため体不安定な状態になりやすいといえるでしょう。その結果として免疫機能が不安定なる時期とも言うことができます。ですから、こういうときこそ深い深呼吸を行うということによって自律神経を整えていくようにいたしましょう。そうする上でホットヨガは非常に助けとなることでしょう。免疫力のアップを図るために、汗腺を刺激することができますが、例えば、胸腺を刺激して免疫力をアップさせるためにはどのようなポーズがいいのでしょうか。例えば、鶴のポーズが良いと言われています。鶴のポーズはどのように行うということができるのでしょうか。左足を前に出すようにしましょう。そして足は前後に大きく開くようにします。そして両手を背中で組みようにいたしましょう。息を吸って行くようにしてから、手のひらを合わせて行きます。肩甲骨を寄せて背筋を伸ばして行きます。息を吐きながらの状態で、腰を前に前屈させるようにしましょう。そして胸が開いた状態を保つようにします。息を吸いながら上体起こしましょう。そして吐きながら両手を離して、楽な姿勢をとるようにします。そしてこれを両側で行うようにいたしましょう。ポイントとしては背中をまっすぐに保てるような位置で行うことが大切だということができます。肩甲骨を寄せて胸を開き、気持ち良い呼吸で呼吸を肺に入れていくようにします。

牛面のポーズも良いというふうに言われています。どのように行うことができるのでしょうか。スタートはあぐらのポーズにします。右足を左足の上に乗せるようにしましょう。ちょうど膝同士が合わさるように座るようにします。そして左手を上に持ち上げ記事から折り曲げて行きようにします。右手を下から背中の方に回し肘から先を上に向けて行きます。そして息を吸いながら胸を開いて行きます。もし手をつなげることができるならば両手をつなげるようにします。難しい場合ならば届くところで十分ですのでそこに手を当てて5秒間9キープするようにいたしましょう。そして息を吐きながらゆっくり手を下ろすようにします。そしてこれを反対側も行うようにしましょう。

このようなポーズを行うということによって、免疫と関わりの深い胸腺を刺激するということができます。胸腺を刺激することによって免疫力をアップさせるということができますので、それとともに胸腺のマッサージも行うと非常に効果的ということができます。胸腺のマッサージはどのように行うことができるのでしょうか。胸腺は手を重ねるようにし手のひらを胸の真ん中に置くようにします。そして優しく円を描きながらさすりようにしていくようにいたしましょう。30秒ほど行うと良いということができます。ゆったりとした呼吸をしながら胸に手を当てて心を落ち着かせた状態で行うようにいたしましょう。このようにする。だけでも胸腺の動きがよく整い、免疫力をアップさせることができると言われています。

もしどのように行ったら良いのかよく分らないというのであるならば、ホットヨガにおいてスタッフに尋ねてみると良いでしょう。可能であるならば、ホットヨガに聞いてみると良いでしょう。

 

サイトマップ