ホットヨガと汗の関係

リプティ ライザップ 無料カウセリングのページにようこそおいでくださいました。このページは、lava体験予約のご予定の方に、ホットヨガの魅力や注意点など、耳寄りな情報をお分かちするのが目的です。どうぞお楽しみください。

ホットヨガでレッスンを受けると当然大量の汗をかきます。ホットヨガリプティと聞くだけで、大量の汗をかくということを思いつく人も多いことでしょう。たしかに、ホットヨガリプティに通うということをによって大量に汗をかきます。この大量に汗をかくというのはとても気持ちよいことです。とても爽快感があるという感想を言う人も多いでしょう。でも、汗がどのような働きをするかということをご存知でしょうかまた汗は体や心へ影響しているということもご存知でしょうか。実は大いに影響しているわけです。それで、この汗の基本となる役割について考えていきたいと思います。

汗にはどのような役割があるのかをご存知でしょうか。汗にはとても大切な役割があります。それは体温調節という役割です。私たちは人間は恒温動物の中でも非常に高度な脳を持っています。そして、この脳は代謝活動といったものを含めて、生きていく上で必要なあらゆる活動をコントロールしている中枢的な役割を果たしています。

この脳ですが、温度変化に非常に敏感な 部位ということができます。そして、脳は熱に非常に弱いという特徴があります。脳は約37度いつもキープしています。これ以上上がり過ぎないように注意しする必要があります。運動や暑い外気に触れるということによって体内に熱が生産されるということがありますが、脳はその外側に放出しようとする働きをします。そうすることによって体温を一定に保つわけです。これを体温調節システムと言います。汗には熱を放出したりとかあるいは体温を調節するという非常に重要な役割があります。しかしこの役割を十分に果たせないような環境に現在はあるということができます。それは、冷房の普及によって生じています。夏の期間中はどこでもエアコンが効いていますが、そのエアコンのせいで、体の温度調節が上手く言っていないという実情が見られます。また、生活の習慣の変化といったことも挙げられるでしょう。そうしたものも体を冷やすやすい環境作ってるということができます。そのために現代人は汗をかかないことに慣れてしまったと言われています。その結果として幹線の働きが非常に弱まり、体温の調節能力が低下したと考えられています。

体温調節システムはいつ働くのか。
体温調節システムはいつ働くのでしょうか。大きく分けて三つのことにおいて体温調節システムは働くということができます。その三つの場面ですが、一つは運動というケースです。運動するならば当然筋肉から熱が出ます。代謝や燃焼が起こり、熱を放出するということです。二つ目のケースですが、それは外気温が上昇することです。外気温が上昇をすることによって、熱が体にこもります。その時体温調節システムが働きます。そして三つ目は食事をした時です。食事をすると耐性や燃焼が行えます。そうすることによって体は熱を放出しようとします。そのようにして体温調節は三つの場面において働くということができます。



汗の種類と成分について
汗腺が幾つあるかご存知でしょうか。汗腺は、皮膚直下に二つあります。一つは、エクリン汗腺と呼ばれるものです。このエクリン汗腺というのは、人間が発達させた器官というふうに言われています。ほぼ全身の皮膚にあります。約2000000個から5000000個もあると言われています。これほどの数があるために、この汗腺によって体温調節をきめ細かく行うということができます。このエクリン汗腺からかく汗は三つの種類があります。一つは、温熱性発汗です。温熱性発汗とは何かといますと、それは気温が上昇したときや運動したときにかく汗のことです。ですから、この温熱性発汗はホットヨガリプティでかく汗ということができます。また、精神性発汗というものもあります。これはなんでしょうか。それは人前で上がったりとか緊張したときにかく汗のことをいいます。また味覚性発汗というものもあります。例えば、キムチなど非常に辛いものや刺激の強いものを食べたときに汗をかきますが、この汗の事を味覚性発汗と言います。そしてもう1種類の汗腺ですが、これはアポクリン汗腺と言います。アポクリン汗腺とはワキの下など体の一部分にあります。毛穴と一緒にある器官のことです。これは体温調節を行うことはありません。皮膚の表面を良い状態に保つという役割を果たすといえます。

汗の成分について
汗腺は血液中の血漿から汗を出しています。そして、水分だけを取り出し、大切な成分については、血液中に戻すという働きをします。ですから。汗の成分は血漿からできているということになります。ほとんどが水分ということになります。99%以上になり、それ以外のものは塩分や少量のミネラルや老廃物といったものになります。現代人は汗をかくという習慣がなくなったためにこの体温調節システムが低下しているというふうに言われています。エクリン汗腺にある2000000〜5000000と言われている汗腺の約半分しか活動していないというふうに言われています。このように感染の働きが低下するということによって、重要なミネラルといった成分を必要以上に排出してしまいます。なので、汗腺の働きの低下は非常に良くないということができます。

 

サイトマップ