体が硬い人がホットヨガをする時

リプティ ライザップ 無料カウセリングのページにようこそおいでくださいました。このページは、lava体験予約のご予定の方に、ホットヨガの魅力や注意点など、耳寄りな情報をお分かちするのが目的です。どうぞお楽しみください。ホットヨガリプティでレッスンする人の中には体が硬いと悩む人もいるでしょう。

体が硬いとはどういうことを言うのでしょうか。
よく体が硬いということを言う人が少なくありません。体が硬いとはどういうことなのでしょうか。体が硬いということの意味について知らないとなかなか体を柔らかくするということはできないかもしれません。ホットヨガリプティに通っている人にとっては、体が硬いとはどういう意味かよく分るでしょう。ホットヨガリプティでは体が硬いとはどういう意味かということをきちんと教えているからです。実は体が硬いというのは筋肉と筋膜が密着した状態のことをいいます。
筋膜とは筋肉の上を文字通りを覆っている膜のことをいいます。この膜と筋肉が密着していると体が硬くなるということができます。密着しすぎているために体の動きが悪いということです。ですから、体を柔らかくするためには、この筋肉と筋膜の間に隙間を作るということがとても大切だということができます。この体を柔らかくするために筋肉と筋膜の間に隙間を作ることを筋肉リリースと言います。ホットヨガリプティでは、そのことを筋肉リリースというふうに言っています。

では、肩回りの柔軟性をどうすればアップさせることができるでしょうか。そのために重要な事柄があります。柔軟性をアップさせるためには、暖かい環境がどうしても必要だということができます。体を温める環境がないとするならば、やはり筋肉を柔らかくするということは非常に難しいということができるでしょう。肩甲骨や肩関節といった塊には小さな筋肉があり、それに支えられて構成されています。そのように筋肉が小さいですので、どうしても動きも小さくなってしまいます。そうなるとどういう事が起きるのでしょうか。

流れが悪くなり滞りやすくなるというふうに言われています。もし、そのように冷えた状態のままにしておくならば体に良くありません。それはよく野球選手が肩を冷やさないようにしなければいけないと言われてるのと同じということができます。もし、肩を冷やしてしまうならば、それは塊の動きが硬くなってしまい、結果として怪我をしてしまうためということができます。ですから、筋肉の塊を柔らかくするためには何が必要かと言いますと、それは体自体を温めるようにしなければなりません。体の芯から温度を上げるということがとても大切です。ホットヨガリプティでは、そのように体の芯から温めるような運動を行っています。もちろんそれは肩の塊だけに言えるわけではありません。どのような箇所を柔らかくするにしても、やはり体の芯から温めるテーマとても大切なことということができます。ホットヨガリプティのリプティスタジオでは、どうすれば固まりを柔らかくすることができるのかということについて教えられていて、その方法を実践していますが、しかし自宅やオフィスといったスタジオでないところでも柔軟性をアップさせるための筋肉リリースやストレッチを行うということができるでしょう。ではそのためにどんなことを行うということができるのでしょうか。まず体を柔らかくする第一歩として、塊の筋肉リリースを行うようにしましょう。そのための方法ですけども、まず右手を斜め前に差し出すようにいたしましょう。

そのポーズを取ってから、今度は左側デコルテ脇の周旋を手のひら全体で擦っていきます。大体それぞれの部分を30秒ほど行うようにいたしましょう。左側が終わったならば、今度は右側の部位を同じようにして行ってゆくようにいたしましょう。それから3度ストレッチを行うようにします。サンドストレッチの行い方ですが、左手を上に上げるようにしましょう。そして右手を上げて左手の膝を支えるようにしましょう。体は左側に徐々に倒して行きます。倒したならば約15分間その状態を保つようにします。今度は反対側も同じようにするようにいたしましょう。今度は肋骨部分の周囲まで柔らかくするようにいたしましょう。まず姿勢をまっすぐにして両手を上に上げるようにします。そして両肘を曲げるようにいたしましょう。左手は右肘に身では左はじを肘を持つようにいたしましょう。そしてそれから体を左右にゆっくりねじるようにいたしましょう。左右往復20セット行うようにいたしましょう。

それぞれのポイントについてご紹介いたしますが、まず、肩の筋肉の塊を行う際には脇から肋骨の周囲まで、広範囲にそのことを行うのが大切だということができます。そうするならば、リンパ液のめぐりが非常に良くなります。これを行うならば若々しさを保つことになり、非常に効果的ということができるでしょう。また、サンドストレッチを行うときのポイントについてですが、サインサンドストレッチを行う時には体を倒しますが、背筋をまっすぐにし、お腹をへこませた状態で行うようにいたしましょう。そして伸ばした腕で曲げた肩の方の腕を引っ張るということによってストレッチを効果的に行うということができます。また、肋骨部分のストレッチのポイントについてですが、体をねじる時には目線を下げないようにいたしましょう。また、肩には力が入らないように気をつけるようにいたしましょう。そうすることによって余分な水分を排出することができます。そうすることによって肩からの巡りがよくなってゆくことでしょう。

 

サイトマップ