ホットヨガ 呼吸

リプティ ライザップ 無料カウセリングのページにようこそおいでくださいました。このページは、lava体験予約のご予定の方に、ホットヨガの魅力や注意点など、耳寄りな情報をお分かちするのが目的です。どうぞお楽しみください。ラリプティでのレッスンを楽しむためには、ホットヨガの呼吸法を知るようにしましょう。

ヨガについて知るためには呼吸法を知る必要があります。そもそも呼吸というのは何でしょうか。それは、人の活動例えば心臓が動いているとか消化するという活動の中で、自分の意志によってコントロールすることができるものといえます。しかし、実際のところ呼吸については、あまり意識しないでそのまま自然に任せてる人が多いと思います。ホットヨガでは呼吸をポーズと同じくらい大切なものと考えられています。なぜなら、呼吸のポーズを効果的に行うということによってレッスンの効果のアップに繋がっていくことになりますし、またダイエットにもなりますので、呼吸をよく理解しておくことは大切なことといえます。

なぜ深い呼吸が大切なのか
人は日常生活中で特に意識することなく呼吸をしていると、15%〜20%くらいの酸素は、肺の中に残ると言われています。そのような状態の中で、肺の機能は100%働くということはありません。なぜなら、体内で器用になった二酸化炭素が排出することができないためです。そのため、新鮮な酸素を体中に行き巡らせることができないわけです。ですが、もし呼吸をきちんとをコントロールすることができようになると、副交感神経と交換神経のバランスがよく取れるようになります。それはリラックスしたり、過食を防止したり、精神の安定に繋がって行きますので、とても大事なことといえます。


深い呼吸と有酸素運動といったヨガはダイエットに利きます
酸素は体内の中に入ってきますと脂肪との関連によってエネルギーとして使われていることになります。したがって、脂肪の燃焼効率を上げるためには、酸素量を多くし、体の中にたくさん取り込むようにすると良いということになります。もちろん普段でも呼吸することによって酸素を体内に取り込みますけども、ヨガのように有酸素運動を行うということがあるならば、普段の生活から酸素を取り込むことが多くなりダイエットに繋がっていくということになります。

深い呼吸をぜひ意識しましょう。
深い呼吸を意識するようになりますと、体をほぐすことができるようになり、体を十分に伸ばすことができます。また、インナーマッスルを鍛えるということもできます。さらに、ヨガのレッスン中にはポーズに集中にして力が入るということもありますけども、しかし、呼吸に意識が向きますと、ポーズの出来不出来に関わりなくヨガを深めるということができようになります。


寝る前5分前に行われるる呼吸法について
腹式呼吸っと胸式呼吸を使い分けることによって深い呼吸をマスターするようにしましょう。
Lesson1
まずは普段の呼吸をチェックするようにしましょう。鼻からいつもの通りに息を吸うようにします。そして口をとがらせるようにしてゆっくりと息を吐いていくようにいたしましょう。そして息をずっと吐き続けることによって、完全に息がなくなりますので、そこまで何度も強く息を口から吐き出すようにしましょう。そうするとさらに息が出てくるはずです。そのようにして出てきた空気が普段に残ってる空気ということができます。ゆっくり鼻から息を吸うようにしましょう。たくさん吸ってできるだけ空気を肺の中に入れるようにします。その後ゆっくり鼻から息を吐き出すようにいたしましょう。吐き出す時には、すべての力を吐き出すように意識することが大切です。このようなことを普段から行うようにしましょう。

普段ではの生活では口と鼻でどちらで息がするのが良いといえるでしょうか。普段の生活においては鼻で呼吸を行うのが良いと言えています。夏ならば鼻の粘膜の中にある細かい毛が排気ガスや埃やウイルスを取ってくれますので、バリアとしての機能を果たします。そうすることによって病気ならないで済むわけです。口呼吸はあまり良いものではありません。口は直接体の中に空気中のものを取り入れるということになります。そうすることによって、口の中や喉が乾燥し、病気になりやすいといえます。ですから、普段は鼻呼吸をすることが良いといえます。


胸式呼吸と腹式呼吸の使い分けについて胸式呼吸はいつ行うのが良いのでしょうか。それはクールダウンをする時やリラックスする時など体を緩める時には腹式呼吸が良いと言われています。呼吸を整えてお腹を膨らませ横隔膜を下げます。それから鼻から大きく息を吸い込むようにします。腹をへこませるということによって、横隔膜を上げていきますが、その際、ゆっくりと鼻から息を吐き出すようにしましょう。息を吸う時間吐くく時間も徐々に長くしていくようにいたしましょう。その際、肩に力が入らないように気をつけるようにいたしましょう。

胸式呼吸、胸式呼吸を行うのが良いといえます。胸式呼吸を行うときのトレーニング法ですが、まずは楽な姿勢で座りようにいたしましょう。そして背筋をピンと伸ばすようにします。鼻から軽く息を吐いてお腹をへこませるようにしましょう。その後、鼻から6秒くらいかけて息を吸うようにします。そしてお腹をへこませたわま6秒くらい息を吐くようにしましょう。これを繰り返すようにします。

 

サイトマップ