ライザップゾットのリプティ(lipty)でホットヨガ体験予約





リプティでホットヨガ体験をしませんか?
リプティは、理想の体型を獲得した人が続出しているライザップがボディメイクするホットヨガです。


ライザップのノウハウを惜しむことなくつぎ込んだホットヨガで美ボディを目指しませんか?

今なら無料でリプティ(ライザップ)のカウンセリングを体験することができます。

リプティ(ライザップ)の無料カウンセリングの申込みはこちら



リプティ(ライザップ)無料カウンセリングの内容

リプティ(ライザップ)無料カウセリングの体験時間は60分程です。

リプティ(ライザップ)無料カウンセリングの体験であなたにあった食事方法と運動が提案されます。
この情報を手に入れるだけでも、非常に価値があります。




しかも、強引な勧誘等はないので気楽に訪問できますよ。

もし、リプティ(ライザップ)のホットヨガに興味があるものの、いきなり入会することにちょっと抵抗があるという方にとって、無料カウセリングはリプティの雰囲気を掴むいいチャンスです!
詳細はこちら
から知ることができます。

ホットヨガでは「痩せない」?

ホットヨガに通いたいと思っているのは、きっと「痩せたい」からではないでしょうか?
高めの温度設定のスタジオで体を動かし、汗を大量に出すなら痩せるだろうと思いますよね。

でも、本当にホットヨガで痩せるんだろうかという疑問もあるかもしれませんね。リプティ(ライザップ)の無料カウンセリングを体験も無駄では?と思うかもしれません。
TwittwrやインスタグラムなどのSNS、ブログなどでも「痩せない」という声が見受けることがあるからです。
3ヶ月通っても、全然痩せない!!、効果が出なかったどころか、体重が増えた!という人もいます。

でも、その反面「痩せた」という声があるのも事実。
一体、どっちなの?と思いますよね。

広告:一度、リプティ(ライザップ)の無料カウンセリングを体験してみませんか?

そもそも痩せるために必要なこと

リプティ(ライザップ)の無料カウンセリングを体験を受ける前に、
そもそもになりますが、痩せるためには摂取カロリーよりも、消費カロリーの方が多くなければなりません。
体に摂り入れるカロリーよりも、使うカロリーが大きくなければなりません。

消費カロリー < 摂取カロリー ではなく、

消費カロリー > 摂取カロリー
 にするということです。

そうすることで痩せるようになります。


広告:一度、リプティ(ライザップ)の無料カウンセリングを体験してみませんか?

摂取カロリーを減らし過ぎるのは危険!

痩せるには摂取カロリーは重要なポイントになりますが、摂取カロリーを減らしすぎるのは望ましいことではありません。

とにかく食べ物を制限して、短期間で体脂肪を落とそうとして無茶なダイエットをする人もいます。

確かに、そのようにすると体重の現象が見られるでしょう。

しかし、その反動も起きます!
無理なダイエットによる変調に襲われるようになるかもしれません。

そのような無理をすると最初に現れるのが、ホルモンバランスの乱れと言われています。

女性の体は、エストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンが生理周期の中でバランスを保っています。
これらのホルモンは、体や心の状態にも影響を及ぼすと言われています。
摂取カロリーを過剰に減らすことによって自律神経が乱れ、その乱れがホルモンバランスに悪影響を与えます。

ホルモンバランスが乱れると、生理不順、生理痛、PMS(月経前症候群)、不正出血、不妊といったことが生じます。

なので、摂取カロリーを減らしすぎるのはとてもリスクが大きいといえます。

ちなみに人が生きるためには1日平均最低1200Kcalが必要と言われています。これは人間が生きていく上でー呼吸をしたり、心臓などの臓器を動かすなどー最低限必要なエネルギーです。
これを下回るようなカロリーしか摂取していないとすると、ホルモンバランスが乱れるなど恐ろしい事態が起きるかもしれません。

ダイエットの成功のためには摂取カロリーのコントロールが欠かせませんが、正しい知識に基いて行なう必要があります

広告:一度、リプティ(ライザップ)の無料カウンセリングを体験してみませんか?

消費カロリーを上げるために

ダイエットの成功するのは消費カロリーを上げることも大切です。
問題はどのように消費カロリーを上げるかということですね。

私たちは毎日の生活の中で、どのようにエネルギーを消費しているのでしょうか?
一日の総エネルギの消費(代謝)を大きく分けると、以下の3つになります。
1.基礎代謝(約60%)
2.生活活動代謝(約30%)
3.食事誘発性熱産生(約10%)
(参考資料:厚生労働省「e-ヘルスネット」https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/exercise/s-02-003.html)

食事誘発性熱産生とは、食事後の代謝の際に発する熱のことです。
この熱によって代謝が行われます。

熱産生は栄養素によって異なり、糖質だと6%、タンパク質だと30%と言われています。
なので、糖質を減らし、タンパク質を増やした食事にすると、食事誘発性熱産生が上がる、つまり消費カロリーが増えると考えがちかもしれません。

しかし、これは単純な理論で、実際のところタンパク質を増やした食事をしても、それほどカロリーに差は生じません。
むしろ、タンパク質を増やすといった偏った食事になる方が悪影響を及ぼす可能性があります。
しかも、食事誘発性熱産生は消費カロリーの10%に過ぎませんから、ダイエットのために食事誘発性熱産生を上げようと考えるのは現実的ではありません。


むしろ、生活活動代謝と基礎代謝を上げる方が現実的です。

広告:一度、リプティ(ライザップ)の無料カウンセリングを体験してみませんか?

ホットヨガは生活活動代謝を上げる

生活活動代謝とは、普通の活動、歩く、仕事をする、運動などによって消費されるエネルギーの量です。
なので、普段の生活から体を動かすことや多少負荷がかかることを心がけることにより、生活活動代謝を上げることができます。
例えば、エレベーターを使わずに階段を利用する、家から一番近い駅よりも一つ遠い駅を利用するなどです。

家事でもエネルギーは消費されます。
掃除機をかけたり、床拭きをしたりすると、30分で130kcal以上を燃焼するというデータもあるようです。
しかし、日常の活動でカロリー消費を上げるのは限界があります。それだけでは痩せるのは難しいでしょう。

生活活動代謝を上げるには、負荷のかかる運動が一番です。
運動すると、どれほどのカロリーが消費されるのでしょうか?
約300Kcalを消費するには、以下の活動が必要になります。
バレーボール80分、ウォーキング(5.6km/h)60分、ガーデニング(植苗)60分、ガーデニング(植樹)54分バドミントン54分、雑草取り52分、ゴルフ(クラブを自分で運ぶ)44分、テニス35分、サイクリング(19−22km/h)30分、ジョギング(1.6km/10分)24分、縄跳び24分
(参照元:ハーバードメディカルスクール発表 https://www.mnn.com/health/fitness-well-being/stories/20-ways-to-burn-300-calories-outdoors)

「ウォーキング(5.6km/h)60分」ということですが、1時間で5.6km歩くとなると、かなり早歩きをしなければ達成できない距離です。
その速さで1時間歩き続けて、ようやく300kcalを消費します。

ホットヨガは、個人差はあるものの60分で約320〜350Kcalを消費すると言われています。
もしその数字が正確であれば、ホットヨガは早歩きのウォーキングに匹敵するカロリーが消費されるということになります。

広告:一度、リプティ(ライザップ)の無料カウンセリングを体験してみませんか?

基礎代謝を上げるには?

痩せるためには基礎代謝を上げることが大事という話をよく聞きます。

でも、本当にそうなのでしょうか?

厚生労働省のe-ヘルスネットによると、基礎代謝量は「心身ともに安静な状態の時に生命維持のために消費される必要最小限のエネルギー代謝量」と定義されています。

ですから、何もせずにじっとしている時に消費されるエネルギーの代謝量のことを基礎代謝と言います。

基礎代謝のエネルギー消費を行なう臓器には、骨格筋、脂肪細胞、肝臓、脳などがあります。
下記は70kgの人をモデルにした、それぞれの臓器のエネルギー代謝量の割り合いを示したものです。


ヒトの臓器・組織における安静時代謝量
臓器・組織 重量 (kg) 比率 (%)
全身 70.0 100
骨格筋 28.0 22
脂肪組織 15.0 4
1.4 20
心臓 0.3 9
腎臓 0.3 8
その他 23.2 16

(引用元:厚生労働省のe-ヘルスネット https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/exercise/s-02-004.html)

上の表を見て分かるように、代謝の比率が大きいのは、骨格筋、肝臓、脳です。この3つの臓器で代謝の60%以上を占めます。

しかし、このうち自分でコントロールできるのは筋肉だけです。
そのため基礎代謝を上げるためには筋肉を付けることだと考え、痩せるために筋トレに励む人もいます。

しかし、筋トレは正しい知識がないと、健康を害する場合があります。

筋肉は負荷を掛けることによって筋肉の細胞が壊れます。そしてそれが回復すると均にき細胞が増えて筋肉が太くなります。その回復のためには、48時間必要だと言われています。
毎日激しい筋トレをすると、細胞の回復が破壊に追いつかなくなり、かえって筋肉が細くなります。

ライザップのように適正な指導のもとに行われなければ、痩せるどころか体を壊してしまいます。

ですから、自己流で一気に筋肉を増やして劇的に痩せるのは難しいといえるでしょう。

広告:一度、リプティ(ライザップ)の無料カウンセリングを体験してみませんか?

他に原因がある

すでに述べましたように、ダイエットに成功するのは、摂取カロリーよりも消費カロリーを大きくする必要があります。
摂取カロリーに気を付け、体をこまめに動かし、それに消費カロリーの大きい定期的な運動をすることで体重や体型を理想に近づけることができます。

ですから、消費カロリーの大きいホットヨガに週数回通うなら、ダイエット成功に近づくことができるでしょう。

しかし、ホットヨガをしても痩せないという人もいます。
確かに、そのような人もいるようです。

ですが、それはホットヨガ自体が原因でなく、他に原因があるのかもしれません。

実はリプティは、その原因にアプローチしてくれます。

広告:一度、リプティ(ライザップ)の無料カウンセリングを体験してみませんか?

リプティの正しい食事指導がヤセ体質へと導く

痩せない原因に1つとして、正しい食事の習慣が身についていないということが考えられます。

摂取カロリーを減らすと言っても、闇雲に減らしては体に悪影響があります。また、どんな食べ物を摂るとダイエットに成功するのかを知る必要もあります。
つまりダイエットの成功には、食事に関する正しい知識が欠かせません。

リプティにはライザップで確立された食事指導のノウハウがあります。
リプティではあなたに合わせた正しい食事に付いての知識をアドバイスしてくれます。

正しい食事方法の指導は、今までのホットヨガスタジオにはないスタイルです。
この食事の指導があなたをヤセ体質へと導いてくれるでしょう。

一度、リプティ(ライザップ)の無料カウンセリングを体験してみませんか?

リプティはストレスにアプローチしてくれる

ストレスも痩せない原因になります。

現代人は、どうしてもストレスを抱えてしまいます。それは避けられないことです。

実は、ストレスが溜まると、脳の中にある全身の代謝調節に重要な視床下部領域の神経細胞数が減少し、血糖を下げるホルモンであるインスリンや、肥満を抑制するホルモンであるレプチンの作用が減弱します。

つまり、太りやすい体質になるということです。

嬉しいことにリプティでは、この太ってしまう原因であるストレスを軽減するためのサポートもしてくれます。



リプティはダイエットするために必要な適度な運動(ホットヨガ)や食事指導などトータルでサポートしてくれます。
今までダイエットに挫折してきたあなたでも、きっと成功の確信を持てることでしょう。

一度リプティの無料カウセリングを受けてみるのはいかがですか?
リプティの無料カウンセリングの申込みはこちら





 

サイトマップ